ダイエットを成功させる方法|もう太りたくない人に!

肌がサビる

 

「肌がサビる」というフレーズを聞いたことはありますか?メタルや鉄と同じように、私たち人間の肌も、徐々にサビて出向く賜物なのです。今回はそのサビの原因となる「活性酵素」について解説していきましょう。

 

「肌がサビる」とは?

 

体がサビる、肌がサビるといっても、ずいぶんスタンスしにくいのではないでしょうか。そもそも、なんでサビという事柄が生ずるかといえば、情景センターの酸素と響く結果、もとの鉄やメタルとちがった適切のものができるからです。これは「酸化」と呼ばれ、メタルや鉄などは、こういう酸化が出ると、「サビ」として非常にわかりやすく汚れしていくのが目線で確認できます。

 

私たちも、日々無休息づかいを行い、酸素を体内に取り入れていることを忘れてはいけません。ですから、生きている以上、実はこういう酸化がつきまとうのです。人間の酸化は、飾りや10円玉がサビるように目線で確認することはできませんが、酸化した細胞は非常にもろくなる結果、それが、人間の体にさまざまな悪影響を及ぼして仕舞うのです。

 

「活性酸素」とは?

 

しかし、実は酸素の中にも、酸化しやすい酸素と、酸化しにくい酸素というものがいらっしゃるのです。酸素は大体、原子二つで引っ付き、言わばペア1仲間で安定しているのですが、これが不安定な状態になると、どうにか他の物質とくっつこうと決める。この状態の不安定な酸素は、「活性酸素」とよばれ、他の物質とくっつくために、非常に凄い酸化力を持ちます。

 

酸化した細胞は傷つく結果、肌にも影響を及ぼします。メラニンを上手くつくれなかったり、肌に張りをつくるコラーゲンをかしこくつくれなかったり、肌のターンオーバーがうまくいかなくなったりなど、あらゆるコースから肌に悪影響を与えてきます。ですから、肌サビというのは、肌の老化を促進させるだけでなく、思わぬトラブルに発生することもあるのです。

 

活性酸素を発生させるわけ

 

では、こういう恐い活性酸素は、どこから訪ねるのでしょうか。

 

方が体内にとりこむ酸素の1つ、約1〜5%は活性酸素になるといわれていますが、実は活性酸素は耐性を維持するために必要なものでもあるので、この程度であれば問題ありません。これ以上の過剰な活性酸素が、肌サビに罹るのです。

 

たとえば、喫煙の煙には活性酸素が含まれていますが、それだけでなく、タバコをすることで、体に入った毒に対抗するために活性酸素を過剰に発生させる結果、喫煙は肌サビの大きな原因となります。同じように、対処夕食などに留まる夕食添加物にも、有害なものが留まる結果、全身で毒消しする際に活性酸素が発生します。

 

また、ストレスを受けて過剰にホルモンが分泌させると、それを分解させようと活性酸素が発生しますし、UVや酷い運動、血糖甲斐の伸びなども偶発原因として見えるので、肌サビを防ぐためには、そういった生活ライフスタイルを見直して見る必要があるのです。

 

DUOクレンジングバームについて