ダイエットを成功させる方法|もう太りたくない人に!

正座するのがきつい

 

正座を長い時間していると、ほとんどの人が足がしびれてくると思います。しかし、少ししか座っていないのに正座しているのがすぐに辛くなる人、そんな人は膝の関節が歪んでいる可能性が高いのです。もちろん正座することが慣れてない・・・という理由がある場合もあるので、一概には言えませんが、いちどチェックすることをしてみてください。

 

正座をしていると、太ももの前の筋肉が伸びますよね。膝の関節に歪みがある人は、ここの筋肉が硬くなっているために伸びにくいのです。膝が歪んでいることは、関節自体が歪んでいるだけではなく、骨盤の歪みから来ている場合の可能性も考えられます。普段の生活で、正座を長い時間するのはあまりお勧めはできません。

 

それでも長い時間、正座をしなければならないこともあるでしょう。そういうときに気をつけるのは、正座しながらもしっかりと背筋を伸ばすことです。これだけでもだいぶ違いますからね。そして両方の足の裏を重ねずに座るようにしましょう。正しい正座の仕方をすれば、背筋を伸ばすことも足の裏を重ねずに座ることも、簡単にできますからね。あと、正座するのを慣れるまでは座布団を敷いておくだけでも、だいぶ楽になりますよ。